自宅を丈夫にできる外壁塗装は専門業者に委託しよう

  1. ホーム
  2. 住まいの診断で選定

住まいの診断で選定

塗装

安心して契約できる業者

沖縄県で建てられている住宅の、約9割はRC造住宅と言われています。RC造住宅とは、鉄筋コンクリートで作られた家です。沖縄以外ではまだまだ少ないRC造住宅ですが、台風の襲来が多いという事もあり家の強度を考え、沖縄ではRC造住宅が多いのです。RC造住宅は木造住宅よりも耐久性に優れています。しかし、コンクリートの壁がひび割れるクラックという現象が、起こりやすいという点がRC造住宅の難点です。ただ、必ずしもRC造住宅だと、クラックが入ってしまうという事はありません。外壁塗装によるメンテナンスを、決まったスパンで行っておけばクラックが入るリスクを、大きく軽減出来ます。沖縄県内には外壁塗装を得意とする業者も多いので、クラックが入ってしまう前に、外壁塗装でメンテナンスを行いましょう。外壁塗装を依頼する場合、より良い業者を選びたいものです。業者を比較する場合は、契約前の診断をチェックする事をおすすめします。外壁塗装を行う場合、外壁の状態を知っておく必要があります。契約前に、診断を行わず契約を迫る業者は論外です。より信頼できる業者を選ぶには、専門資格を持つプロが診断している業者かどうか、確認するのが良いでしょう。外装劣化診断士や建築士といった資格を有するスタッフが、外壁の診断を行ってくれる業者であれば、より確実に今現在の状態を確認出来ます。外壁塗装は現状を見極めて施工を行う必要がある為、プロが診断してくれるかどうかという点は、業者選びにおいて1つの指針となるのです。