自宅を丈夫にできる外壁塗装は専門業者に委託しよう

  1. ホーム
  2. 業者が行う塗装作業の流れ

業者が行う塗装作業の流れ

一軒家

塗装作業の流れ

外壁塗装の目的は美観と防水効果を維持し住宅の機能を向上させるためです。外壁塗装は住宅の耐久性に関わることですから、塗装の重要性や作業内容について知ることはとても大切です。京都の一般的な住宅で外壁塗装をする場合作業開始から完了までに約1〜2週間かかります。京都の業者は、丁寧な作業と作業員の安全確保のために足場組みをします。そして水や塗料が周囲に飛び散らないように外壁全体にメッシュネットを張って養生をします。高圧洗浄機によるジェット水流でホコリやカビ、コケを洗い落とします。カビやコケが付いている外壁に塗料を塗っても後でハガレてしまいます。外壁の洗浄は塗料をピッタリと密着させるために重要な作業の1つです。高圧洗浄機が使えない場所はブラシを使ってすみずみまできれいに落としてしまいます。カビや外壁塗装のハガレや鉄部分のサビを落とします。細かいクラックにはシーリング剤で埋め、鉄部分にはサビ止めを塗って下地調整を行います。下地調整後は、下塗りから徐々に塗料を塗り重ねていきます。京都の業者は強力な接着効果がある下塗り塗料を使って上塗り塗料の密着度を高めています。下塗り塗料のあとは中塗り塗料と上塗り塗料を順に重ね塗りします。京都の業者は塗料を3回塗っていますが、外壁の状態によっては回数が増える場合もあります。以上で塗装作業は終了しメッシュネットを外し、依頼主が仕上がり確認を行います。満足できない場合は手直しをして依頼主から了解を得たら足場を外して外壁塗装工事は完了です。